エステサロン必須知識

リラックス効果のエステ

アロマテラピーの注意点

アロマテラピーに使用される精油には、取り扱いにどんな注意点があるのでしょうか。 精油の取り扱いについて、注意点を挙げてみました。刺激が強すぎるので、精油の原液を直接肌に塗ったり、飲んだりしないようにしましょう。

飲用に関しては、欧米では医師の指導の下で服用することもあるようですが、特に日本人のような黄色人種は白色人種よりも腸が長い傾向にあるので、飲み込むと精油が体に回りやすく危険といわれています。精油を飲み込むと、最悪の場合死に至ることもあるようですので、絶対に口に入れてはいけません。目や目の周り、唇などの粘膜には、希釈したものも使ってはいけません。

体質や精油の成分によっては、強い刺激を受けたりアレルギー反応が起きる場合もあるので、肌に使用する前にはパッチテストを行いましょう。 三歳以下の乳幼児には、香りを楽しむ以外の方法で精油を使用しないようにしましょう。たとえば、マッサージやお風呂用など、肌に直接触れる部分での使用は危険です。

妊娠中の使用についてはお医者さんに相談してから使用してください。これは一部の精油には、排卵や生理を促す作用があるためです。 保存期間が過ぎた精油または変質を感じたら使用しないでください。また、引火性がありますので、火気には十分注意してください。

以上いろいろな注意点がありますが、アロマテラピーに関する知識を持っている、あるいは検定・資格を得たアロマテラピストが在籍しているエステサロンならば、安心して任せることができそうです。