エステサロン必須知識

リラックス効果のエステ

アロマテラピー

アロマテラピーとは、花や樹木から抽出した香り(精油)を使って、心や体の健康や美容に役立てる技術、あるいは行為のことを言います。また、自然の香りはストレスを和らげ、リラックスさせることが出来ます。

アロマテラピーという言葉は、「芳香(アロマ)」と「療法(テラピー)」をあわせて作られた造語で、20世紀にフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって名づけられました。

植物の香り成分を使用した民間療法のようなものは世界各地で古代から行われていましたが、アロマテラピーという技術として行われるようになったのは20世紀に入ってからと割と歴史は新しいようです。また、日本への紹介は1980年代以降でした。 エステサロンでのアロマテラピー施術は、主にエッセンシャルオイルを使ったボディトリートメントを行います。

症状や好みに合わせて使用するオイルを決めてくれるので、いつでも肩こりや生理不順、便秘などといった悩みに応じた施術を楽しむことができます。また、アロマスチームサウナや蒸し風呂のような、ちょっと変わったサービスを提供しているエステサロンもあります。全身をトリートメントするコースから気になる部分のみのコース、妊婦さん向けのマタニティアロマトリートメントといったサービスを行っているところもあるようです。

慢性的な疲れが取れないという方や、最近ストレスを感じてリフレッシュしたい方など、エステサロンのアロマテラピー施術を利用してみてはいかがでしょうか。